上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
1ヶ月前の話になりますが、丸島先生の講演の続き。

「標準化と知的財産権」公開セミナー ポスター(PDF。開くの少し時間かかります)

丸島先生がキャノンでの知財の実務を離れた後に
キャノンが他社に対して訴訟を起こし

「キャノン、強い知財へ」

みたいなことを言われたらしいです。
それに対し、丸島先生はバッサリこう言い切りました。

「交渉下手こそ訴訟を好む」
... 続きを読む
スポンサーサイト


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
実施権の話をした後で何ですが「実施」という言葉、
特許の世界では重要な言葉なのでここで解説しておきます。
(先に説明しておけばここ数回の説明が楽だったなと反省しつつ…)

特許の実施と言うと、

「特許の技術を使って何か(主に事業活動)をすること」

なのですが、もう少し具体的に言うと
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
特許の譲渡とか、クロスライセンスとか、ライセンス収入とか、
自分が所有する特許を自分の事業だけで価値を生み出すのではなく
他者をうまく使ってお金を生み出す方法がいくつかあります。

その際にやり取りされるのが「実施権」というものなのですが
この実施権とはいったい何でしょうか?
前回の「独占的排他権」の考え方を軸に説明してみたいと思います。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
ある発明をして、出願をして、無事に特許査定が出ました。
これでめでたくあなたは特許権者になります。

では、ここで得られた特許権とはいったい何なのか?
これについて改めて考えてみようかと思います。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
前回までオールエレメントルールを軸にして
権利侵害の判断方法の話をしてきました。

今回はその応用編として「直接侵害」と「間接侵害」という
2つの権利侵害の形について話をしようと思います。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
権利侵害判定の基本「オールエレメントルール」は

特許から製品を見るのであって、
製品から特許を見るのではない

というのがミソです。
ここを勘違いしてしまう人が非常に多い。

今回はこのルールを覚えてもらうために
実際のビジネスでありがちなパターンを例にあげて
もうちょっと解説をしてみます。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
特許権侵害の判断基準「オールエレメントルール」のおさらいですが

・特許請求の範囲の内容を構成要素にわけて
・その構成要素を全て満たす(等しい、含む)モノは特許権侵害

この2つを満たしている場合に特許権侵害となります。
で、前回の宿題としては

「木で出来た丸い鉛筆」を請求の範囲とした特許権に対して
D社の製品「木で出来た丸い鉛筆(消しゴム付き)」は権利侵害になるでしょうか?

というものでした。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
今まで何度も特許権は使ってナンボだという話をしてきました。
権利侵害している競合を警察が見つけてくれるわけではなく、
自分たちで権利行使できる相手を見つけてこなければいけません。
そのためには競合の製品や技術の情報を集めるというのも大事ですが、
それ以前に「そもそも権利侵害とは何ぞや」というルールを理解する必要があります。

というわけで、これから数回にわたって
権利侵害の判断基準について話をしていこうかと思います。

第1回は権利侵害判断の基本「オールエレメントルール」です。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
前回は交渉のポイント1「自分から情報を出さない」について説明しました。
文通のようにステップを踏み、一歩ずつ着実に相手から情報を出させる、
これが1つめのポイントでした。

今回はポイント2「相手がつかんでいる情報を把握する」についてです。

相手が持っている情報、簡単に書くと…
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
前回は価格交渉のやり取りを例に交渉のポイントを話しました。

・自分からは最低限の情報しか出さない
・相手が自分の情報をどれだけ知っているか把握する

今回は、特許の世界の権利行使の交渉をネタに話をしてみます。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。