上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
先日のチザコンで特許調査の話題になった時に

どれだけ調査をしてもどれだけ明細書を読み込んでも

・この検索式では調査が漏れてるのではないか
・この請求項だと権利侵害と言われるのではないか

この不安が100%消えることは無い、という話をしました。

1つの事件に対して原告と被告が異なる意見で争う裁判を見れば分かるように
法律の仕事は白黒はっきり付かず(最後は裁判所にハッキリ白黒つけられますが)
グレーな状態の中で前に進まなければいけない仕事だとよく言われます。
... 続きを読む
スポンサーサイト


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事を目指してる学生さんに

「知的財産管理技能検定」の資格って取った方が有利ですか?

と、たまに聞かれます。

試験の問題がケーススタディっぽい内容なので(特に実技)

知財部の仕事のイメージが湧くから良いと思うよ

と答えることにしていますが、
実は3級しか受けたことが無かったので2級の問題も見てみました。

お、おもしろい、ということで少しだけネタにしてみます。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
今日は出版社の編集者と著者が1冊の本を作り上げるまでの過程を
公開の場でやってしまう、という企画に参加してきました。

実業之日本社 新刊公開企画会議

その中で著者側の美崎さんがこんな発言をしていました。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
日露戦争を舞台にした「坂の上の雲」を読んでるのですが、そろそろ大詰めです。
前にこんな記事を書いたのですが

坂の上の雲から学ぶ知財部の心得(1) ~立ち振る舞いの重要性~

今回も小説から学んだ仕事に対する考え方です。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
勉強会を開催したからなのか、就職活動の時期だからなのかは分かりませんが
知財の仕事に興味がある学生さんからの問い合わせが増えてます。

その中で多いのが

>知財の仕事をする前に研究開発の経験をした方がいいんですか?

という質問です。要するに新卒・知財はどうなのか、と。

この質問を受けた時はこう回答するようにしています。

「新卒知財部はお勧めしません。他の部署の経験した方が良いです。」

で、この後にこう続けます。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
今、司馬遼太郎の「坂の上の雲(全8巻)」を読んでいます。

特許の仕事は「事業の生死」に関わる場合も出てくるため、
戦争という「人の生死」のかかった状況から学ぶことも多いです。

特に興味深いのが、将官の振舞いと軍隊への影響の関係。

日本の連合艦隊司令長官の東郷平八郎 と
ロシアのバルチック艦隊司令長官のロジェストウェンスキー を例にします。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
商標坊主さんのブログにこんな記事がありました。

商標坊主 商標の実務

簡単に言うと

弁理士試験の時はいろいろ条文を勉強したけども
実務では他に検討することがたくさんある

という内容なんですが、これは激しく同意です。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
昨年の就職相談会の中でこんな質問が話題になりました。

「知財部を立ち上げるって具体的に何をしたんですか?」

確かに「部署を立ち上げる」ってイメージ掴みにくいと思うので、
今回は自分の実体験をネタに書いてみようと思います。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
先日小耳に挟んだ、営業案件の受注確度の精度に関する
打ち合わせの内容が特許にも通じる内容だったので紹介します。

営業は製品に対するお客さんの評価や競合、予算の確保具合などから
受注確度を検討し、A案件、B案件、C案件と振り分けるのですが
どの営業さんもなかなかA案件に載せずにBやCにしてしまうそうです。

A案件+B案件の8割、くらいの在庫を準備するような発注をするので
B、C案件の注文が続いて製品が足りない、という事が起こります。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
前回、特許性について揺れていることをネタにしました。
で、揺れてるだけではダメなので1つ手を打ちました。

それは、先行技術の中間処理経過を読む、ことです。
審査が始まってる案件の「拒絶理由通知」と「意見書」を読むことにしました。
(簡単に言うと、特許になるかどうかの特許庁との議論のやり取りです)
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。