上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、権利行使で一段落かと思ったんですが
1つおもしろい内容を忘れてたので紹介しておきます。

それは「他者の権利の妨害」です。

特許を取ることは様々なメリットがある、
なのでどんどん特許を(適切な権利範囲で)取得してください、なのですが
逆に言うと
いかに他者に特許を取られないか

も重要になります。

自社が先に出願する、というのももちろん1つの解決策ですが
競合他社が考えること全て想像して出願するなんて現実的ではありません。

では、他にどういった権利の妨害方法があるでしょうか?
... 続きを読む
スポンサーサイト


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
日本弁理士会が発行している月刊誌。

と言いながら日本弁理士会のHPに内容がアップされ、
(発行されてから大体2ヶ月遅れくらいのペースです)
無料で読めるのでそれを追いかけるのが良いかと思います。

論文調の記事が並ぶので堅苦しいように見えますが
毎回のテーマが興味をそそる内容&記事も読んでみるとそこまで固くないので
まずは下の過去の記事アーカイブから気になる特集を選んで
いくつか記事を軽く流し読みしてみてはいかがでしょうか。

月刊パテント

ちなみに自分が興味深かった特集は

2008年4月号 様々な環境・業務に従事する弁理士
2008年2月号 知財を取り巻く世界情勢

などなど


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
「特許庁監修 知的財産権雑誌」という売り文句の月刊誌。
省庁監修ということでお固い内容と思いきや非常に読みやすく、
とは言え内容も充実ということで年間定期購読しています。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、最後は「権利行使」です。

社内の研究開発の中から発明要素を探し出し、権利範囲を練り直し、
特許庁・特許事務所とのやり取りを繰り返し、ようやく取れた特許権。

しかしこの権利、持っているだけでは何の役にも立ちません。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
[知的財産管理技能検定] ブログ村キーワード

2008年7月、知財に関する国家資格が新しく誕生しました。

それが 知的財産管理技能検定 です。
(検定合格者は知的財産管理技能士と名乗る事が出来ます)

さてこの資格、弁理士と何が違うのでしょう?
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
[弁理士] ブログ村キーワード

知財の肩書き第1回はズバリ「弁理士」。
知財に関する資格と言ったらこれを外すわけには行きません。

知的財産に関する業務(特許出願、中間処理、権利行使など)全般を
行う事を生業とするための国家資格で、業務独占資格です。

ここで注意してほしいのが、業務独占資格という用語の意味です。
特許出願や中間処理などの特許庁とのやり取りは弁理士じゃなくても出来ます。
特許庁とのやり取りを独占しているというわけではないのです。

それでは、弁理士はいったい何を独占しているのでしょうか?
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
ひとりごと、第2回です。
前回は、知財と資産運用は不労所得という共通点がある、という話をしました。
で、不労所得に関して自分が思うところが2個ある、と。

今回はその1つ目「不労所得も楽じゃない」という話です。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、権利行使の前に「審査請求」に触れてみます。

ちょっとややこしいのですが、特許は出願したら自動で審査してもらえるわけではなく
こんな特許を出願したので審査をしてください、と別途お願いをする必要があります。
それが審査請求と呼ばれるものです。

なぜこんな2段階方式が必要なのか、理由思いつきますか?
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、特許出願の次は「中間処理」です。
耳慣れない言葉かも知れませんが簡単に言うと

特許出願してから特許権取得(もしくは拒絶)されるまでの
出願者と特許庁や特許事務所とのやり取り

のことをまとめて中間処理と呼びます。

(ちなみに今の自分のメイン業務もここになります)
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、今回は「特許出願」について考えてみます。

社内の開発チームがある新製品を作りました。
その製品には従来に無い技術が盛り込まれています。
さて、この新技術を特許として出願してみましょう。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
「知財の雑学」、第1回は「知財のはじまり」

いかにして知的財産という概念が生まれたのか、という話をします。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の仕事、まずは「特許調査」からお話します。
新しい製品や機能の開発をする場合、要所要所でこの調査をしていくことになります。
開発を始めるタイミングだったり、世の中にリリースするタイミングだったり、
あるいは特許出願のタイミングだったりします。

では、この「特許調査」、いったい何のためにするのでしょうか?
ちょっと考えてみてください。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財に関する知識の提供という事で用語の解説をしてきましたが
知財のおもしろさを伝えるというこのブログの目的を考えると
普段の仕事ぶりとか仕事しながら考えてることとか
そういったことをメインで書いていこうと思ってます。
用語解説はオマケというか自分の勉強というか…

この辺の話は「知財の世界」というカテゴリで書いていきます。
メインコンテンツになっていきますので以後よろしくお願いします。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
発明の要件、「自然現象の利用」「技術的思想」については説明しました。
残った「創作性」と「高度性」はまとめて説明してしまいます。
前の2個よりはコトバとしては取っ付きやすい、ですよね。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
特許とは「発明」を保護するもので、
発明とは「自然法則を利用した、技術的思想の創作のうち高度のもの」。

ここまではOKですね。
キーワードに分けると以下4つになります。
1.自然法則の利用
2.技術的思想
3.創作
4.高度

前回は自然法則の利用の解説をしたので
今回は「技術的思想」について話をします。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
知財の事だけでなく、自分の事も興味もってもらいたいと思い、
「ひとりごと」なるカテゴリを作ってみました。
知財に関係あることないことツラツラ話す事になりますが
ご興味あれば一読いただければと思います。

ちなみに今回は知財に関係あり、です。たぶん…
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
[特許] ブログ村キーワード

商標権、意匠権、実用新案権、と説明してきましたが最後に「特許権」です。
自分の仕事柄、このブログでは特許の話が多くなってくると思うので
1発目の今回は特許権の保護対象である「発明」とは何?について説明します。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
新しいアイデアを世の中に公表することで人々の生活を豊かにすること。
その見返りにそのアイデアを使用する権利
(=そのアイデアによって得られる利益)を一定期間独占することが出来る。

これが知的財産権の基本的な考え方なのですが
ポイントは「新しいアイデアを使用する権利の独占」というところ、
そして実は独占の仕方には2種類あります。

ということで、今日は2つの独占方式について説明します。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
産業財産権も残すは2つ、ということで今回は「実用新案権」について説明します。

「物品の構造、形状、組み合わせに関する考案」に関する権利です。
この権利、正直言うと産業財産権の中での役割が微妙です。

構造、形状、と言われると前回説明した「意匠権」と何が違うの?
「特許権」のハードル低いやつじゃないの?

今回はちょっと趣向を変えて他の権利との違いを意識しながら
実用新案について勉強していきましょう。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
2008.07.13 意匠権とは
今回は産業財産権の4項目から「意匠権」について話をしてみます。

この権利、簡単に言うと「工業的なデザイン」に関する権利です。
A社とB社から見た目がそっくりな製品が販売されたら
A社製品を買うつもりだった消費者が間違えてB社製品を買ってしまうこともありますよね。
さらに言うとA社のデザインが気に入ってお店に来てみたら
B社の似たデザインの製品がA社より安く売っていたら・・・

つい先日、自分もこんなことがありました。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
[商標] ブログ村キーワード

産業財産権の4つの権利「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」の中から
私たちに一番身近な「商標権」について説明してみます。

商標権、簡単に言うと「商品やサービス、ブランド、企業」を特定するための
「名前」「ロゴ」などを競合企業に真似されないようにするための権利です。

まず商品に関する商標の身近な例を上げてみます。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。