上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
これから開発しようとする新しい技術について特許調査をかけるとします。
うちは調査業務を外注することが多いのですが、
その時に気をつけなければいけないのが

先願調査なのか(その技術で特許を取得出来る可能性があるか)
侵害調査なのか(その技術が他社の特許を侵害しないかどうか)

どちらの調査なのかを明確にして指示を出すことです。

この2つの調査、確かに目的は異なりますが
調査の結果自体に変わりないじゃん、と思ってました。昨日までは。

でも、実は頼み方で調査結果が変わってくるのです。
それってなぜだか分かりますか?
... 続きを読む
スポンサーサイト


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
うちの会社は工場用設備を作っている=企業がお客様、ということで
開発中の装置やソフトをお客様の工場に持ち込んでテストを行ったり
逆にお客様が今後工場で作ろうとしている試作品を借りたりするのですが
そういった時に大事になってくるのがこのNDA(秘密保持契約)です。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
先週は特許明細書2件のチェックを行っていました。
その時に先輩にアドバイスもらったのが
MECEを意識しながら明細書の確認をすると良いとのことでした。

※MECE=モレなくダブりなく、という概念を示すロジカルシンキング用語。

たとえば…
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
特許調査というと自分たちが開発している技術に関して
他社の権利侵害してないかとか特許権取得出来るかという観点で
競合会社の特許を調査するイメージが強いですが

今回は先日展示会に出展されていたあるデバイスについて
特許調査をすることになりました。

ほんとに自社の製品に使える技術なのかを
特許公報を情報源として調査(というか推測)をするのです。
(もちろんメーカーへの問い合わせなど直接的な情報収集もするわけですが)
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
競合会社名や特定技術分野を検索キーワードにして
定期的に特許調査を行って情報収集することをSDIと言います。
同じポイントで定期的にチェックする定点観測みたいなものです。

例えば毎月1回「ガラス」というキーワードで検索をかけることで
ガラス業界・技術の動向がチェックできるというわけです。
ガラスを大量に使用する自動車メーカーなどがこういう定点観測をすることで
頑丈なガラスや軽量なガラスなど、最新の部品情報を得られるメリットがあります。
(公報ベースの調査なので出願から18ヶ月のタイムラグがありますが
 一般的にはそれくらいの期間でちょうど市場に出回るくらいなので
 情報が遅いということはそんなに無いようです)

... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
仕事を1週間程お休みいただいてニューヨークに行ってました。
1人旅だったのでドミトリーに泊まって気の合う人を見つけては
一緒に行きたいところに行く、という実に自由な旅でした。
ドミで出会った人も個性派ぞろいで良い刺激になりました。
... 続きを読む

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。