上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

ある発明をして、出願をして、無事に特許査定が出ました。
これでめでたくあなたは特許権者になります。

では、ここで得られた特許権とはいったい何なのか?
これについて改めて考えてみようかと思います。
特許と聞いてまず最初に思い浮かべるのが「独占」だと思います。

独占権 = 特許の技術範囲を自分だけが使用できる権利

大まかなイメージとしてはこれで正しいと思います。
しかし、自社だけでその技術分野を世の中全体に広められるか、と言われると
ほとんどの企業にとっては難しいと思います。
これは産業の発展を目的とする特許の本意に反します。

ということで、実際は

独占的排他権 = 特許の技術範囲に入ってきた他者を独占的に排除する権利

これが特許権の本質です。
特許の技術範囲を特許権者以外の会社が踏み込んだとして
権利侵害者を排除する・しないは特許権者の自由です。
(そもそも権利侵害者を見つけるのも特許権者の仕事です)
相手との関係を考えながら権利行使の判断をしていくことになります。
たとえば、

・排除すべき相手かどうか
特許権者が参入出来ない事業分野であれば排除する意味はありません。

・争って得かどうか
こちらも相手の特許を侵害している場合などは争わない方が安全だったりします。

こういった判断は特許的というよりは経営的な判断になりますが
独占権ではなく「独占的排他権」であることを意識して
特許権を有効活用していくことが重要になります。

今回はこれで失礼します。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/101-a508252c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。