上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

実施権の話をした後で何ですが「実施」という言葉、
特許の世界では重要な言葉なのでここで解説しておきます。
(先に説明しておけばここ数回の説明が楽だったなと反省しつつ…)

特許の実施と言うと、

「特許の技術を使って何か(主に事業活動)をすること」

なのですが、もう少し具体的に言うと
・(特許の技術を使った製品の)製造
・(特許の技術を使った製品の)販売
・(特許の技術を使った製品の)使用

が主になります。(もちろん他にもありますが)

メーカーで言えば自社の製品が他社の特許を使用していた場合には
「製造」で引っかかります。(その後の販売ももちろん引っかかります)
しかし、気をつけなければいけないのは特許の技術を使った製品を作っている
メーカー以外も権利侵害をしてしまうことがあり得るということです。

例えば「販売」。
自社で特許の技術を使った製品の製造をしていなくても、
その製品の販売をしている場合は特許権侵害となります。
商社や販売代理店なんかはここでひっかかります。

次に「使用」。
BtoBのビジネス(例えば発電所に発電機を納める)をしている会社の場合、
発電機が特許の技術を使っている場合に
発電機メーカーは「製造」「販売」で権利侵害ですが
発電所も「使用」の観点で権利侵害になってしまいます。

特許権所有者が、大元であるメーカーを訴えるか、
商社・代理店・使用者まで訴えるか、
ここはそれこそ「排他する相手を選べる権利」としての考えどころです。
先ほど上げた発電所のような狭い業界の場合は
権利侵害をしているお客様が自分にとってもお客様という状況もありますから、
そういった場合に闇雲に訴えるのもどうかと思います。

とは言え、我々のようなメーカーは自社だけでなく
関係者各位のビジネスに影響を及ぼす可能性があるということを意識して
製品の開発をしていく必要があるのだと肝に銘じておきましょう。

※ 商社・代理店・使用者は製造元に対して特許の保証をすることも多いです。
 (侵害してない保証というよりは、侵害していた場合の保証)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/102-714dee73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。