上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

公にしたくない情報を他社に開示する時に結ぶ「秘密保持契約」、
NDA(Non Disclosure Agreement)と言う言葉は前にも話題にしました。

共同研究のようにお互いが相手の知識やノウハウを欲しがっている場合には
一緒に仕事を始める前にNDAを結ぶことに対して抵抗は少ないと思います。
それに対して一方通行な状況、
たとえば

A社は自社製品の性能を確かめるためにB社が提供するデータで評価をしたい
(いわゆるフィールドテスト)

こんな場合、A社はB社の情報が欲しくてしょうがない、のに対して
B社はA社の製品に関する情報をそこまで欲しいと思ってない
(仲が良いので協力しているとか)なんて状況もあると思います。

さらに、A社が評価したい製品は開発中のもので特許出願準備中のため
B社に見せる情報は秘密にしたい場合、

A社が勝手に情報を開示、自分たちのためにNDAを結んでくれ、

と乱暴に書けばこうなるわけで
B社の担当者としては自分たちにメリットの無い情報を開示されたあげく
NDAを結んでくれでは上司への説明も難しく心証も良くありません。

協力をしてもらうA社としてはB社担当者と気持ちよく仕事をするのも大事なことで
こういう場合は「なあなあ」にしてNDAを結ばない、というのも一つの選択肢です。
でも、それではもしもの場合(例えば情報を漏らされて新規性喪失)の
リスクヘッジというか裁判になった場合の対抗策がありません。

では、どうやって気持ちよくNDAを結んでもらうか

というところで次回に続きます。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/115-0147668f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。