上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

こちらだけNDAを結びたい。が、相手との関係も気まずくしたくない。
さて、どうやって友好的に話を進めましょうか?

前回はここまで話したと思います。

で、具体的にどうしましょう?
ポイントは表題のサブタイトル「相手を立てる」ことです。
前回の例では、A社の新製品をB社の環境でテスト、という状況でした。
新製品は特許出願準備中のため情報を秘密にしたい。
これがA社目線の考えです。

そうではなく、B社の立場を考えて

今回のテストの中で得た御社の重要な情報を絶対に他の人には言いません、という
誠意を見せる意味で秘密保持契約を結ばせてください

という形で提案をする。これが相手を立てるという意味です。

他社から大事な情報をいただく場合にはNDAを結ぶのがルールなんです、と言えば
情報の取り扱いの意識が高い信頼が置ける会社だ、という論点にすり替わる。

こうなってくると逆にB社が断りづらくなってくるわけです。
で、B社の情報を秘密にする名目なんですが双務契約にしておけば
A社の情報も守らざるを得なくなる、というわけです。

以上、ご参考までに

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/129-968ba011
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。