上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

先月は展示会前にバタバタ出願をしました。

社内でまとめた発明提案書を特許事務所に渡して
弁理士の先生が特許明細書の原稿を作成、
それを元に請求項の構成や実施例の記載内容の修正指示、
事務所から返ってきた原稿を見てさらに修正指示、の繰り返しです。

出願を終えて、展示会を終えて、一段落… ではありません。
ここでひと手間加えることで将来の仕事がグッと楽になる、

今日はそんな話です。
今までに2回程More-Selectionsの法務セミナーに参加しました。

More-Selections 法務・コンプライアンス研修、セミナー

その時に教えてもらった事の1つが
「契約書の内容チェック・修正時の履歴を残す」ことでした。

自分は「発明提案書」と「特許明細書」に取り入れています。
発明提案書を作り始めてから特許事務所に出すまでの修正、
事務所から来た明細書原稿から実際の出願原稿までの修正、
これらの修正履歴を修正途中の資料とともに残していくのです。

追加した項目は「譲れないポイント」です。
削除した項目は「妥協してよいポイント」です。

特許を出願して実際に審査・中間処理に入るのは数年後です。
数年前の議論の内容を覚えてると期待してはダメです。
出願時の担当者と中間処理の担当者が変わる事もあります。
そんな時に記憶を戻す助けになるのが各資料の修正履歴です。

また1件の案件という観点だけでなく、
会社として(知財部として)のメリットもあります。

発明提案書や特許明細書を作るたびに修正履歴を貯めていく、
出願件数が増えてくれば、知財部としての知財戦略の輪郭も
(譲れないものと妥協してよいものの線引き)定まります。

事務所への修正指示も、特許庁との中間処理のやり取りも、
知財部の全員が同じ基準で判断して行動できるのがベストです。
この修正履歴の資料はその大事なガイドラインになります。

特許の出願が終わってフーッと一息つく前に
ちょっとだけ振り返りつつ修正履歴をまとめる
(もちろん修正しながら履歴を残すのもありですが)

そんなひと手間を心がけてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/134-6ab19fc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。