上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

ここ数回続けている展示会前の開発と営業の情報共有会、
実は1つだけ展示会で口止めした内容がありました。

特許出願は済んでたのですがあまり詳しく話すと
競合メーカーにネタバレする不安があったからです。
(アイデアさえ分かれば作るのが容易な内容だったから)

で、営業さんに「あまり細かく話さないでくださいね」とお願いしたところ
「どうやってアピールすんねん」と猛反発。
良い物が出来たらお客さんに伝えたいのが営業の普通の感覚ですから当然です。

では、こんな場合にどうするか?
それはもう、
営業さんの「どうやってアピールすんねん」という
問いかけに答えるに尽きます。

これは話しちゃダメです、と言うのと同時に
こうやって話してくださいね、を提供する必要があるんです。

今回の件で言うと(あまり詳しくは書きませんが)
「情報の組み合わせの妙」みたいなところに新しさがありました。
今までとの違いはここなので、営業さんもここが言いたい。
でも、競合に聞かれたら勘の良い人ならすぐに気づき
それなりに腕のあるエンジニアならすぐに作ってしまえる内容です。

なので、自分から営業さんに提案したのは
「情報を組み合わせていることを意識しなくても良い技術なんですよ」
という違うアピールポイントでの説明。

原理的には情報の組み合わせが肝、
でも使う時にはどの情報をどう組み合わせてるか考えなくて良い。
特許明細書であれば「構成」ではなく「効果」にフォーカスをずらしたわけですが、
この説明で営業さんは納得してくれて、細かい原理は話さないと約束してくれました。

情報の管理だったり契約の条件を縛ったり、
知財担当をやってると他の人が動きにくくなるお願いをすることが多くなります。

そんな時のポイントは「縛った中でも自由に動ける案を出す」ことです。

ハムスターをカゴで飼う時に回し車を用意してあげるのと同じで
外を走り回っているのと同じくらいにストレスが溜まらない状況を
こちらが作ってあげないと暴れ回って逃げたりします。
人間だって同じことでストレスが溜まれば話を聞いてくれなくなります。

情報の管理をするならそれに伴うストレスの管理もしっかりすること、
これを心がけるだけでグッと情報管理がしやすくなります。ご参考までに

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/143-4fda4a21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。