上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

今回はエクイティが関わってくる特許上の手続きについて。
(ちなみにエクイティは日本語で衡平法)

基本的には「ずるいことしちゃダメ」という観点です。

・IDS(information disclosure statement)

以前にも書きましたが出願した発明に対して
自分が把握している先行技術は全て審査官に提示する義務のことです。
新しいことを考えた人に敬意を評して権利を与えるのが目的なので
出願人が既に新しくない(先行技術を把握済み)の場合に
それを隠して出願・権利化の手続きを進めていくことは不誠実にあたります。

・手続きの懈怠(Latches)

他者が自分の特許権を侵害しているのを知りながら
権利行使や警告を打たずに彼らのビジネスが大きくなるのを待つ、
というのもアウトです。(あくまで故意に引き延ばす場合です)
レメルソンで有名なサブマリン特許も似た内容で
サブマリン特許は出願を分割したり補正を入れたり
中間処理を繰り返して特許登録になるタイミングを遅らせることで
自分の発明に関するビジネスが拡大するのを待つ手法。

・禁反言

出願、権利化の手続き中に主張した内容と矛盾する内容を
権利行使時などに主張してはならない。

これらのことをすると「正義に反する」ということで
特許を持っていても権利行使が出来なかったり
特許権自体が無効になってしまったりします。

エクイティの説明は以上になります。
次は何書きますかね…

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/158-411cbe60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。