上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

[カテゴリー] ブログ村キーワード

カテゴリとタグの違いを知ってる人も知らない人も
まずは下の2つのブログサービスを比べてみてください。

Livedoor Blog
アメブロ

アメブロのトップページは「ブログジャンル(=カテゴリ)」なのに対し
Livedoorのトップページは「人気のタグ(=タグ)」による分類です。
カテゴリもタグも情報の分類方法です。

分類学~カテゴリとタグの使い分け(Y惑星) 

上のページの説明が分かりやすいですが、
場合によってはカテゴリ分けよりタグ付けの方が便利です。

たとえば「旅行でハワイに行った時に撮った教会の写真」は
旅行に入れるか、ハワイに入れるか、教会に入れるか
どのカテゴリに入れるか迷ってるよりは
「旅行」「ハワイ」「教会」のタグを付けちゃう方が楽だし、
後から見つけるのも楽になるわけです。
カテゴリだと最初に違うカテゴリに行った瞬間に見つからないの確定ですし。

で、ここからが知財に関わるところですが

このタグ付けによる情報の分類、自分は特許の世界に導入されると思ってます。
インターネットの世界では

・カテゴリ分類(Yahoo)
・全文検索(Google)
・タグ付け(Web2.0)

この流れで情報の検索とアクセスの方法のトレンドが変わってきています。
特許はいま「全文検索」全盛です。(FIやFタームはタグ的発想ですが)
自分はこれから数年で「全文検索」に「タグ付け」が加わると予想してるわけです。

次回は、特許の世界にタグの概念が入ると思った根拠を書こうと思います。


※参考ページ
似て非なるモノ(higuchi.com)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/166-63092732
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。