上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

この前学生さんと話してて気づいたことなんですが
「特許戦略」と「商品企画」は似ている、ように思います。

どちらも将来のビジネスを見据えた戦略的な仕事です。
今すぐ成果が出るというよりは数年後に効果が出てくる類の仕事。

では、逆に2つの違いは何なのか?と考えました。
それは、将来想定しているビジネスをゴールと見立てた場合で言えば

ゴールに早くたどり着くまでの戦略を練るのが「商品企画」
ゴールにたどり着いた後に向けての戦略を練るのが「特許戦略」

かな、と思ってます。


ビジネスをする地域、客層、価格帯、それを見据えて必要な機能の絞込み、
製品に関するこれらの内容を考え尽くして、
出来る限り早いビジネスの開始につなげるのが商品企画と思ってます。

かたや、特許戦略。
ビジネスを始めた後に競合がどんなビジネスを仕掛けてくるか、
自分たちが広げたいビジネスが他社の特許にひっかからないか、
そういったことを事前に考えに考え、
押さえるべき特許は出願&権利化を進める、
他社の特許があるのであれば回避案を出したりライセンスを受けたりする。
それが特許戦略のポイントなのかと思います。


以上、「特許戦略」と「商品企画」の似てるとこ、違うとこ、でした。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/174-c847ad0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。