上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

アメリカ特許制度の話を始める前に
特許制度を定めている組織や文章のご紹介を。

というのが、表題の3つです。
USPTO、35.U.S.C、MPEP

それぞれ何だか分かりますか?
・USPTO(The United States Patent and Trademark Office)
アメリカ特許庁。

・35.U.S.C.(Title 35 of the United States Code)
アメリカ特許法。

・MPEP(Manual of Patent Examining Procedure)
USPTOの審査官が審査を行うにあたってのマニュアル。

35.U.S.CとMPEPの関係は
法律の条文に対して判例やガイドラインで解釈を決める関係に似ています。
特許法に限らず条文はどうしても曖昧になってしまうものなので
判例やガイドラインなどで具体例を並べながら
条文の解釈というか目の前の事象に対しての線引きをするわけです。

落としどころが無いですが、以上ご参考までに。

※参考ページ
USPTO
35.U.S.C
MPEP

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/176-a3994466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。