上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

前回は他社からのアクションを特許価値の数値化に使用する
YKS手法とYK値の紹介をしましたが、
この考え方は登録特許に限った考え方ではありません。
むしろ審査段階の特許の価値判断に有効なように思います。
今回はそんなお話。
例えば審査段階の技術も「登録になったら怖いな」と思う内容であれば

・侵害の可能性のあるビジネスを控える
・出願人に対する権利行使を控える(返り討ちを恐れて)

他社に対する抑制効果が十分にあると思われます。

また、情報提供は先行技術・関連技術を審査官に開示して

・拒絶査定になるように仕向ける
・権利範囲が狭くなるように(自社製品が範囲に含まれないように)仕向ける

自分たちに有利になるように持っていくのが目的ですが
この妨害活動をするために時間とお金を使わせたと考えれば
それだけでも価値がある出願だった、となるわけです。
(他社の権利の無効化を狙う調査はかなり真剣度が違います。
 特許公開公報だけでなく論文、雑誌なども徹底的に洗い出すので
 とにかくお金と時間がかかります)

登録になった特許だけではなく、
審査中や審査前の特許にも目を向けてあげてくださいね。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/178-4b3df5fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。