上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

[チームワーク] ブログ村キーワード

昨年のこの時期はめちゃくちゃ働いていました。
自分がプロジェクトリーダーやった開発案件ですが
無茶な納期のお約束が響いて業務量が半端なくて、
社内外のプレッシャーも強いタフな案件でした。
自分はともかく、プロジェクトのメンバーが
よく付いてきてくれたというのが正直なところです。

今回はその頃を振り返り、チームをうまく回すために
意識していたことを書こうと思います。
プロジェクト達成に向けての業務のリストアップと
各業務の担当者決めは自分がしていました。

で、担当者の決め方ですが

・頭使う内容は経験者(自分)、単純作業は後輩
・後輩に出来そうな事は任せて難しそうなことは経験者

とか色々方法はあったのですが、その時は

後輩にさせたい経験を元に業務を割り振る

という形にしました。
その後輩にどんなエンジニアになってもらいたいかを考えて、
そのためには将来こんな知識が必要で、だから今はこの業務を任せる、と
本人にも伝えて相談しながら担当を割り振りました。
その時点でその業務を達成する能力があるどうかは関係なしです。

これがプロジェクトに求められた成果を最短最速で出す方法とは思いません。
それでも、

プロジェクトで求められた成果は出しつつ、
関わった各メンバーが良い経験を積んで成長して卒業していく、

「各メンバーがこのチームに貢献できること」だけでなく
「このチームが各メンバーに貢献できること」も一緒に考える、

そんなマネジメントを心がけてました、というか
一緒に考えるというよりは後者を先に考えるようにしてました。
リーダーが後者を考えていれば、前者は各メンバーが自分で考えてくれます。
(たまたま出来た部下ばかりだったのかもしれませんが)

このプロジェクトの成功の秘訣は?と聞かれたら1つは今回の内容を答えます。
実はもう1個あります。

それは次回ということで。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/181-abfe1c15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。