上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許を出願して審査請求をすると、かなり待たされてから返事が来ます。
(だいたい18ヶ月後くらいに拒絶理由通知でしょう)

このゆっくりした対応は度々特許庁批判の対象になってきました。
外国はもっと早い対応が普通ですので。
うちの会社も日本出願、優先権で1年後に海外出願した内容が
外国が先に審査が始まっているなんてこともあります。

実は、この対応をもっと早くしてもらうことが可能なのです。
それが「早期審査」と「優先審査」。
この制度を使うと審査請求をしてから大体3ヶ月くらいで最初の返事が来ます。
意見書・補正書提出後の審査も早いので結果的に早く査定が出るようになります。

2つの制度の違いを簡単に書くとこうなります。

・早期審査

特許化を早急に進めて他社による利益損失の被害を予防するための制度です。
特許庁に対して自社のビジネスにとって大事な出願なのだと証明する必要があり、
具体的には「自社で既に実施済み(営業、製造、販売)」「外国出願済み」などが条件です。
そもそも特許を取得することがビジネス拡大につながる「中小企業」の出願も対象です。


・優先審査

その発明を他社が実施して自社の利益を損失しているのを排除するための制度です。
「第3者がその発明を実施している」ことを証明する必要があります。


要するに

既に他社に真似されてる=優先審査で早めに排除
まだ真似されてない   =早期審査で早めに予防 です。

どちらも特許庁に対しての費用はかかりません。
(特許事務所に依頼する場合はそちらの手数料はかかりますが)
使えるのであればどんどん使っていきましょう。

p.s.
似た制度に「早期公開」があります。
出願18ヶ月後に公開される公報が申請後3ヶ月程度で公開されます。
登録になった場合に公開日にさかのぼって損害賠償請求が出来る、
他社による関連特許を防ぐ先行技術となる、などのメリットがあります。
こちらも庁費用は無料なのでうまく利用してもらえればと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/187-c15e7a5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。