上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

知財に興味がある学生さんに、こんなことを聞かれました。

「メーカーの知財担当と特許事務所の違いを教えてください」

特許事務所で働いた事は無いけども、自分なりに答えたそのやり取りを。
まず話をしたのは

・特許というのは陣取り合戦である

ということ。
(実際に製品があろうがなかろうが)
この機能はうちの領土、この組み合わせはうちの領土、と
出願をした順というか言ったもん勝ち、早いもの勝ちです。

陣取り合戦という概念は他の人にも言われた事があるとの事でした。
で、次に話したのが

・どこの陣地を取りに行くかはメーカーの知財担当が決める
・どれだけの領土を取れるかは特許事務所の弁理士が決める

ということ。
で、ピストルとバズーカの話をしました。

ピストル1発では数センチの穴しか開きませんが
バズーカに持ち換えれば1発で1メートルくらいの穴は開くでしょう。
マシンガンみたいに大量に小さい玉を撃って
広いエリアをカバーするという考えもあるとは思いますが
基本はやはり1発でどれだけ広いエリアをカバーするかです。

どこに向かって撃とうかなと、ピストルを構えてるメーカーの人間に
バズーカ砲を手渡してくれる、それが特許事務所の人間ですよ、と。

この話をして何となく自分がどちらに向いてるかは分かってくれたようでした。
良かった良かったと言う事で。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/189-3638f8e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。