上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

[弁理士] ブログ村キーワード

知財の肩書き第1回はズバリ「弁理士」。
知財に関する資格と言ったらこれを外すわけには行きません。

知的財産に関する業務(特許出願、中間処理、権利行使など)全般を
行う事を生業とするための国家資格で、業務独占資格です。

ここで注意してほしいのが、業務独占資格という用語の意味です。
特許出願や中間処理などの特許庁とのやり取りは弁理士じゃなくても出来ます。
特許庁とのやり取りを独占しているというわけではないのです。

それでは、弁理士はいったい何を独占しているのでしょうか?
その答えは…

「他者から報酬をもらって」知財関連業務の代理(補助)を行う、という行為です。

社内の知財部の人間は弁理士の資格を持っている必要はありません。
かくいう自分も弁理士資格は持っていませんし、直近で取る予定もありません。
社内の知財業務を行うことに支障もありませんから。

弁理士は「他者の代理」を行うことが出来るため、
同じ業界・企業内の技術分野に縛られないノウハウが貯まっていきます。

上記のことを考えると特許出願や中間処理の「手続き代行」ではなく
それらの内容に対する「プロフェッショナルとしての助言」こそが
弁理士の存在意義と言えるのでは無いでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/19-eacc80f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。