上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

2009年4月以降に審査請求を行う出願に対して
審査請求費用の支払いを1年間先送り出来る制度が開始されました。

審査請求料の納付繰延制度について

目的はこの不況で資金繰りの苦しい企業の救済です。
苦しい時期を乗り切るためとは言え、審査請求を控えて
不況を乗り切った後のビジネスに支障が出ては意味が無い、ということで
支払いを最長1年間の先送りが出来るようになりました。
中小企業の支援策として下記のような対策が以前から行われてきましたが、
今回の支払い繰り延べは中小企業に限らず利用することが出来ます。
(もちろん下記の支援策と合わせて利用することも出来ます)

・調査の支援
平成21年度特許出願に関する先行技術調査の支援事業のお知らせ

・審査請求費用の減免
特許料等の減免措置一覧


しかし、この繰延制度が適応できない場合が1つあります。
それは「早期審査」を依頼する場合です。

審査を早くして欲しいのに支払いは後倒したい、と言うのは
さすがに虫が良すぎるというのが特許庁の考えのようです。
(繰延制度を使うことで通常より審査が遅くなる事は無いようです)

経産省、特許庁の心意気に感謝して、
使える制度は賢く使ってこの不況を乗り切りましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/190-63c6073f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。