上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

先日、弁理士の先生と打ち合わせをした時に出た
製品開発に力を入れている企業が陥りがちな罠のお話。
1.審査官に対して(権利化に関係ない)アピールをし過ぎる

「業界初です」
「この技術無しでは業界が成り立ちません」

審査官に対してこんなアピールをし過ぎると、
登録にすると逆に産業の発展の阻害になるのでは、と
逆に警戒されて登録にならない場合があります。

業界の肝を押さえる大事な出願であればある程、
粛々とその他の出願と同じように権利化を進めるのが望ましい。

2.良い製品が出来るまで出願しない

「発明の実施形態を詳細に書きたい」
「発明の効果を説明するデータを集めてる」

ぎっしりと中身の詰まった明細書は読んでて面白いですが
(書いてる人も充実感があるのかもしれませんが)
それで出願のスピード感が失われては元も子もありません。
特許の世界は先願主義、早いもの勝ちの世界です。

肉付けはされてなくても、骨組みだけでも出願すべき、
こんなペラでいいの?くらいがちょうど良かったりするのです。


以上2点、ぜひ気をつけて見てください。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/192-f4c8cc2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。