上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

今度は大企業の知財部経験者の話。
技術に詳しい弁理士や知財担当が良いとは限らない、と言うのです。
当たり前の話ですが、全ての審査官が技術に精通しているわけではありません。
この日進月歩の世の中、それを期待するのは厳しいです。
(開発経験のある自分でも、自社の技術でさえ全て分かるわけではありません)

技術者が ツー と言えば カー と分かる知財担当が
審査官に ツー と言っても カー とは思ってもらえません。

そんな状況がしばらく続いてしまった場合、
審査官は「この発明、意味わかりませーん」とは言えませんので
分かった振りして、でも新しさが分からないので、拒絶にしてきたりするのです。
出願側が「なんで分からないんですが?」なんて態度を見せたら尚更です。

技術者が ツー と言った時に「え? え?」と聞き返してる知財担当の方が
審査官に「え?」と言われない説明が出来る場合があるのです。
(審査官は意地っ張りなので「え?分かりません」なんて言えないのです)

技術に強い弁理士から(その分野の)技術に弱い弁理士に
担当者を変えたら特許庁側の理解度が増した、ということもあるようです。

知財の人間たる者、技術の知識を増やしていくだけではなく
その知識を分かりやすく説明する力も合わせて磨いていく必要あります。
(新人研修や学生への説明会なんかも良い練習の場です)


こちらの罠にもハマらないように気をつけましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/193-2e67bca4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。