上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

2008.07.13 意匠権とは
今回は産業財産権の4項目から「意匠権」について話をしてみます。

この権利、簡単に言うと「工業的なデザイン」に関する権利です。
A社とB社から見た目がそっくりな製品が販売されたら
A社製品を買うつもりだった消費者が間違えてB社製品を買ってしまうこともありますよね。
さらに言うとA社のデザインが気に入ってお店に来てみたら
B社の似たデザインの製品がA社より安く売っていたら・・・

つい先日、自分もこんなことがありました。
製造年月日偽装問題で一時期販売停止になっていた「赤福」、
販売開始になったくらいの時期に名古屋に出張に行った事がありました。
新幹線の時刻が迫っていたため、ホームの土産屋で急いで購入して後で見てみたら・・・
「御福餅」というそっくりさんだったのです。
(画像はこちら。本当に似てるんですって)


個人的な体験はここまでにして、今回も社会的に話題になったものをネタにしてみます。

「アップルのiMac」と「ソーテックのe-one」のデザイン模倣事件。
(※実際は、意匠権侵害ではなく、不正競争防止法に触れる、という趣旨の裁判です。
 とはいえ、意匠権を考える上で問題ないかと思うのでこの題材にしておきます。)

この記事見てもらえば分かる通り、確かにデザインは似ています。
アップルがソーテックに対して販売停止および損害賠償請求を行いました。
(ちなみに米国でもAppleがeMachinesを訴えてます。ソーテックは日本の販売代理だけ)

この事件、結果はアップルの主張が全面的に通った形になりました。
東京地裁で販売停止の仮処分が下され、
その後両社間で和解(和解金は非公開)が成立しました。


結果は上記のとおりですが、ここでちょっと頭の体操をしてみましょう。
知的財産権でも不正競争防止法でもそうなのですが
基本的には「類似の製品・サービス」に対して、というのが基本です。
(商標権の時に説明した「魔女の宅急便」を思い出してください。)

この事件に対して何かひっかかるポイントありませんか?

そう、iMacはMacOSパソコン、e-oneはWindowsパソコンなのです。
Macを買いにくるお客さん、おそらくそれなりにパソコンに詳しいはずです。
WindowsとMacOSの違いを知った上であえてMacを選択しているわけですから。
あえてMacを選ぶのなら、Macに対するこだわりもあると思います。
そんなお客さんがデザインが似ているからってe-oneを買うでしょうか?

こう考えていくと「類似の製品」というところに疑問符がついてきます。
奥が深いですね

※弁護士の松本直樹先生のHP参考にさせていただきました。 こちら

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/2-873563c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。