上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

最近は公報をたくさん読んでる、と以前書きましたが、
100本越えたあたりから

特許性って何?

と心が揺らいでおります。

どういうことかと言うと・・・
今は出願に向けての先行技術調査で公報を読んでるんですが

1.類似の技術が見つかって、出願したい発明のクレームが狭まる
2.その内容で出願する意味があるのかと悩み始める
3.かたや「どこが新しいの?」と思える公報が見つかる
4.だったら、この内容も通るのでは?という甘い誘惑で狭めたクレームを戻す

という、堂々巡りに陥っているわけです。

先行技術を出してる各社さんともに出願判断の基準があり、
その時々の状況や特許戦略にもよってさらに判断が異なり、

だとは思うのですが、
それ以前に自分の中での軸が定まりません。

しばし、考えます。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/215-51a7325f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。