上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

技術者から話を聞き、発明提案書を書くところまでを
特許事務所の人間が代行してくれるサービスがあります。

佐野国際特許事務所 パテントリエゾンマンのご提案

うちの会社は特許担当の自分がこの役割をしているのですが、
工数削減&出願のスピードアップを目的に、
普段お世話になってる弁理士に何件かお願いしてみました。
で、まあ正直な感想を言うとなかなか難しいなというのが本音です。
その理由は思うに「特許性の判断までお願いしたから」。

特許事務所としては出願につながってナンボのサービスなので
調査をして先行技術がたくさん見つかったとしても
「これなら特許になりそうです」という提案を必ずしてきます。
時にはクレーム案も付けて。(今回はこのスタイルでした)

その後、社内で調査したりクレーム案を検討した後に
打ち合わせをするわけですが、両者で特許性の判断が合わないのです。

発明提案書をこちらから提出した場合はそれを基準に話が進みます。
一方、あちらが提案書を出してくる場合は
こちら(自社)とあちら(特許事務所)がそれぞれ基準を持っていて、
基準がずれた状況からのスタートになるわけです。
ここから話を進めていくのがホントに難しいのです。

リエゾンマンを外部(特に特許事務所)に頼むときには、
特許性の判断を含まないレポートに留めるのが吉です。

欲張ると痛い目見ますよ・・・

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/225-e5f19ec5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。