上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

GRIPSの「標準化と知的財産権」公開セミナーの開催を記念して
丸島儀一先生の講演がありました。(さすがに聴講生いっぱいでした)

90分間の話の中にたくさんの学びがあったので
今日から数回に渡ってブログに書いていこうと思います。

まずは講演のテーマである「企業戦略における知的財産マネジメントと標準化」の話。
丸島先生の結論は「標準化戦略は知的財産戦略に含まれる」。
で、先生の標準化に対する考えは

1.標準化は基本的にはしない方が良い。
 なぜなら標準化をした時点で競争が起こらなくなって技術が進歩しなくなる。
 自社だけでなく、その技術分野(産業)の競争力が衰退する。

とは言え、標準化が必要になることもあります。
(インターフェースやネットワークなどはその典型)
そんな時は

2.標準化に参加する場合は、標準化後に差を付ける戦略を用意しておく
 標準化に参加する(パテントプールに入るなど)ための技術(特許)と
 標準化に参加している競合と差を付けるための技術(特許)の両方を持っている必要がある

特に2の観点から「標準化は知財戦略に含まれる」とおっしゃったように思います。

自分としては1の「標準化はしない方が良い」という発言に驚きました。
なるほどなるほど、と。


先生の講演からの学びは次回に続きます。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/229-1847c9c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。