上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

前回は「訴訟ではなく契約と交渉」と書きましたが
当然どちらも頭に入れておかなければいけません。

丸島先生はそれを「攻めと守り」と表現していました。

攻め=交渉と契約で事業拡大を目指す
  (クロスライセンスや競合が権利行使を控える権利保持)
守り=訴訟によって他社排除を目指す
  (裁判したら差し止めされると相手が思う権利保持)
知財部の攻めと守り=事業の攻めと守り、
知財部の仕事は事業の成功のためにあると
改めて認識するきっかけとなりました。

あと、戦略から特許実務の話になり、こんな話をしていました。

どちらも大事、とぼんやり思いながら明細書を書くと
どちらにも対応できない特許になってしまう。
攻めと守り、どちらに使う特許かをはっきりすることが大事で
そこさえぶれなければ個別の明細書の細かいチェックはしない。

明細書の文言ではなくその特許の立ち位置が大事、ということですね。

自分がここ最近関わっている特許はどっち、
うちの会社が今まで出願してきた特許はどっち、
今からでも考えてみようかと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/236-f3186d55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。