上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

第2回は「法務」ってどんな仕事なのか、を話そうと思うのですが
簡単に言うと、事業活動をするにあたって法律に関すること全部、です。
と言ってもばっくりし過ぎているのでイメージが付きやすいものだと

・契約
・訴訟
・コンプライアンス

って感じですかね。
コンプライアンスに関してはあまり詳しくないので
「契約」と「訴訟」について書いてみます。
「契約」というのは「お金」と並ぶくらいに資本主義社会の基本で
会社と会社、会社と個人が何かしらの関係を結ぶ場合には必ず出てきます。

売買契約、雇用契約、秘密保持契約…
お互いの意思を確認し合い、円満な関係を築く、それが契約です。

「訴訟」というのは法社会の最後の砦で
会社と会社、会社と個人が何かしらトラブった時に出てきます。

契約を守らなかった(契約の不履行)場合が良い例です。
関係がこじれた場合に裁判所(=国)が間に入り解決する、それが訴訟です。

シンプルに言えば、これが法務の仕事の第一歩です。

最後に知財を絡めた話題を1つ。
特許を含めた知的財産権、実は持っているだけでは何も出来ません。
契約と訴訟とのコラボレーションがあってはじめて力を発揮します。

次回はそんな話をしてみます。それではまた。

※まぐまぐバックナンバー
【知財担当、法務を語る】第2回 法務担当、いったい何する仕事?

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/239-7099ead3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。