上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

「法務は会社のブレーキ」

前回は会社を1台の車と考えて、法務の役割をブレーキに例えました。
今回はブレーキの踏み方について考えてみます。

車の場合、ブレーキには大きく分けて
エンジンブレーキとフットブレーキの2つがあります。
エンジンブレーキはアクセルを踏むのを止めて自然に速度を落とす方法、
フットブレーキはエンジンを止めて強制的に速度を落とす方法です。
車に乗ったことがあれば分かると思いますが
赤信号の直前で毎回急ブレーキする運転は乗り心地が悪いです。
これはエンジンブレーキを上手く使えずに
ギリギリでフットブレーキで対応してるということです。
逆に、エンジンブレーキを使える人の運転は滑らかで心地良いです。

法務のメイン業務の1つである契約書チェック、
契約成立の直前に問題点を見つけて内容の修正を迫るのは
赤信号の直前で急ブレーキを踏んでるようなものです。
契約直前で一悶着あっては心にしこりが残ります。
車の運転と一緒で急ブレーキが続くと乗り心地が悪いです。
エンジンブレーキを上手く使えていないとこうなります。

では、この場合のエンジンブレーキって何?、と言うと

契約直前の緊張感のある差し迫ったタイミングではなく
普段の何気ない会話の中で意識付けしたり
交渉の途中段階で相談に乗ったりすることです。

営業部や製造部の人達とランチでも食べてる時に
「最近こんなことがあってさ~」なんて会話をしながら
お客さんに無茶な要求をされてたり、下請け業者に無理な要求を出したり
トラブルやリスクの種を見つけては釘を刺していく。
そうすることで急ブレーキの回数が減ってくるのだと思います。

まとめるとこんな感じです。

フットブレーキ :(成立直前の)契約書チェック
エンジンブレーキ:普段の会話、交渉途中の気軽な相談

違う観点で例えるなら、こんな感じでしょうか。

フットブレーキ :堅さ
エンジンブレーキ:柔らかさ

普段はさりげないエンジンブレーキで車をコントロールしながら
必要な場面では躊躇無くフットブレーキで事故を防ぐ、
堅さと柔らかさを併せ持つ、そんな法務が理想だと思います。

※まぐまぐバックナンバー
【知財担当、法務を語る】第5回 2つのブレーキ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/242-80318025
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。