上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

最近お気に入りのフレーズです。
初めて聞いたのはダイノジの大谷さんがM-1について語ってる
下の動画なんですが

ダイノジのM1前夜祭
 http://www.youtube.com/watch?v=EkCC8fScl-A

ネタ元はハイロウズの14才という曲の歌詞のようです。

で、この考え方、法務の仕事に通ずるところがある気がするのです。

リアルよりリアリティ = 本物であることよりも本物っぽいことが大事

なわけなんですが、
例えば法律に詳しくない営業さんに頼まれて契約書チェックをして
法的な観点から契約内容を変更してもらいたい時には
法律知識をふりかざす(リアル)よりは
それっぽい例えで説明する(リアリティ)方がスッと話が通りやすい時があります。

大事なのは法律知識を理解してもらうことではなく
契約内容の変更を納得してもらうことなので、これで良い場合も多いわけです。

もちろん時と場合によりますが、たまにはリアルを離れてみるのはいかがでしょうか?

※まぐまぐバックナンバー
【知財担当、法務を語る】第11回 リアルよりリアリティ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/248-8ca5a340
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。