上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

民主党に政権交代してから普天間基地移設問題が騒がれてます。

Yahooニュース 普天間基地移設問題

オバマ大統領の訪日も絡み、ピリピリムードになっています。
もしこの問題が長引いてアメリカに愛想を尽かれて
自前で軍隊を揃えるとしたらどれだけお金がかかるのだろう・・・

なんてことを考えていたら、先日参加したセミナーの話を思い出しました。
台湾で半導体産業の軸を「製造」から「設計」にシフトさせようと
とある大学教授が国に対して予算を出すように説得した際に話した内容。

>半導体の製造は資本さえあればどこの地域でも出来るビジネスである。
>半導体の設計は知的資産の集積が必要であり一度根付けばそう簡単には移動しない。
>今1000億円を半導体業界に投資して、半導体設計分野でシェア1位を取り、
>アメリカの半導体業界が台湾の企業に依存するような状態になったとしたら
>中国と争いが起こったとしてもアメリカは台湾を守るために軍艦を派遣してくれるだろう。
>自分たちで中国と争うだけの軍備を整えようと思ったら1000億円では済みません。
>だから、今、半導体業界に1000億円投資すべきです。

この大学教授が話を持ちかけたのは、日本で言う経済産業省や文部科学省ではなく、
国防の責任者である防衛庁長官だったそうです。

話が大きい、でも妙にリアリティがある、(台湾と中国の仲の悪さは仕事で実感していますが)
国家レベルで物事を考えるってこういうことなのか、と思ったのを覚えています。

今回は、この話を紹介したかっただけです。 では!

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/259-697edca2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。