上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

明細書作成に関する本の定番です。

特許明細書のクレーム作成マニュアル

特許において権利範囲が書かれたクレームは命です。
この本では「転がらない鉛筆」からはじまり、「洋式トイレ」「電源プラグのカバー」など
いくつもの発明をケーススタディにしてクレームを書く過程を通じて
非常に分かりやすくクレーム作成のコツを学ぶ事が出来ます。
鉛筆の発明を例にします。
丸い鉛筆だと転がってしまうので、転がらない鉛筆を発明する、という趣旨です。

最初は六角形だ、四角形だ、と転がらない鉛筆を思いつきベースであげて行きます。
外形に直線があればいい、いや、楕円でもいいぞ、とアイデアを膨らませます。

同時に、転がらないためにはどうであれば良いか、と目的から逆算していきます。
転がり摩擦が大きければ良いのですが、それではクレームには不適切です。
(転がらないために転がり摩擦が大きい鉛筆を、では禅問答に近く無意味)
転がり摩擦が大きいってどういうこと?と逆に戻して行くのです。

特許の基本は「同業者が特許公報を読んで容易に再現できること」です。
円形より転がり摩擦が大きい外形の鉛筆、では曖昧すぎて再現できません。
六角形の鉛筆は容易に再現できますが権利としては範囲が狭すぎます。

「具体案」と「目的」からお互いに近寄って行けば必ずどこかでぶつかります。
権利範囲を広く取りつつ、曖昧になりすぎない、
そこのギリギリのラインを探るのがクレーム作成の極意です。

この本には、そんな極意がたくさん詰まっています。
ソフトウェアや化学物質ではなく、物体の動作を伴う例題が多いので
設計に関わる特許の取得を予定している方に特にお薦めの1冊です。

特許明細書のクレーム作成マニュアル―発明の権利はクレーム作成にかかっている

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/29-4052edb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。