上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

自分は特許の仕事をする前はソフト開発の仕事をしていました。
SEとかプログラマとか、職種を分担する会社ではなかったので

ヒアリング、仕様設計、コーディング、テスト、納品

と、自分が受けた案件は上流から下流まで全部やってたのですが
その経験を踏まえて、ソフト開発に1番必要な能力は何、と聞かれたら

「想像力」

と答えるようにしています。
ソフトに詳しくない人に「ソフトを開発してます」と言っても
ほとんどの場合、何やってるか分からない、と答えが返ってきます。
(「合コンでは「すごーい」とか言われながら拒否られます。)


そんな人向けに贅肉をごっそり削って説明すると、

入力があって、何かしらの処理をして、出力を返す、

このパターンをひたすら並べていくのがソフト開発の仕事です。

身近なモノで自動販売機を例にすると

(入力)お金を入れる&ドリンクの下のボタンを押す
(処理)どのドリンクを出すかを選択する
(出力)ドリンクを取り出し口に運ぶ

これが基本パターンです。

で、想像力が生かされるのはどこかと言うと、
「入力」と「出力」のところなのです。
(ちなみに「処理」のところは「知識」勝負です。)

「入力」を想像するとは

おつりボタンを押した場合とか、お金を多く入れた場合とか、

正常な使い方は当然のこと、

ボタンが2つ同時に押された場合とか、1円玉など想定外の硬貨を入れた場合とか、

「普通しないでしょ」という使われ方をどれだけ想定できるかということです。


「出力」を想像するとは(特に問題発生時に)どんな対応をすべきか考えることです。

120円入れたつもりが間違えて70円入れた状態で飲み物ボタンを押した、

もちろん飲み物は出ないのですが、

1.ウンともスンとも言わない場合
2.お金が足りませんとアナウンスがある場合

どちらが親切か、と想像を膨らませることが出来るか、ということです。

車とか携帯とか電子レンジとかやってることは全部同じです。
工場用の設備という複雑に見える製品のソフトだって、結局

・作業者(利用者)がどんな使い方をするか(入力)
・どう動けば作業者にとって使いやすいか(出力)

これを想像するだけです。どんな製品・業界に関わる時でも同じです。

身近なモノの入力と出力を想像することから始めてみるといいと思います。

※ 入力、出力という言葉に拒否反応を示す人には
 「殴られたら、殴り返す、みたいなもんです」と答えるようにしてます。
  合コンではこっちの説明の方が伝わりやすい(笑)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/292-49e9c5b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。