上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

以前こんな記事を書きました。

知財部の実務 ~条文読むよりOO読め~

よく見る条文なんてホント1握りだよ、という例えで条文を挙げたのですが・・・

肝心な所を間違えてました。すいません。(指摘いただいた皆様、ありがとうございます)
間違えていたのは特許法の「29条の2」と「29条2項」。
まず、下のページを見てください。

特許法 第2章 特許と特許出願 (特許の要件)

>(特許の要件)
>第29条 産業上利用することができる発明をした者は・・・(中略)
>2 特許出願前にその発明の属する技術の分野における・・・(中略)

>第29条の2 特許出願に係る発明が・・・(以下略)

とありますが、

>2 特許出願前にその発明の属する技術の分野における・・・

が29条2項

>第29条の2 特許出願に係る発明が・・・

が29条の2

になります。この2つの違いは下のページが分かりやすいです。

特許になる発明とは


うーん、ややこしいですね。
なぜこんなややこしいことになってしまうのかというと
法律(この場合は特許法)がよく改定されるからです。

今回の場合だと「29条の2」が改定によって後から追加になったものです
(「29条2項」は当初からある条文です。)

で、この「29条の2」、29条に含まれるわけではそうではありません。
29条、そして他のOO条、と同列にある1つの「条」という大項目が追加になったものです。
「特許の要件」に関係ある条文なので1番後ではなく29条の後ろに入れたかったわけです。

それならこれを「30条」にして30条を31条にしてしまえばいいのではないか、と
思われた方もいるかもしれません(自分も最初は思いました)。

ですが、特許をずっとやってる人(審査官、弁理士、知財担当など)からすると
条文を条番号で記憶してしまっている部分が少なからずあります。

先日の記事で「29条2項」と言えば特許関係者は「進歩性ね」と、皆分かるのと同じです。
これが「改定により来月から30条2項になります」といわれると不便なのです。
(間違えてた自分が書くのも変な話ですが・・・)

まあ、そんな感じで条文の読み方、少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。




条文の読み方を知りたいなら、このサイトがお勧めです。

ぱてんとどっと混む 条文の読み方

条文というか法律の勉強を始める人はこの本がお勧めです。

元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[第2版]

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/299-16500186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。