上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

堅いタイトルですが読みやすく、もちろん中身は充実の中間処理本です。

新・拒絶理由通知との対話 稲葉 慶和

自分が知財の仕事を始めるようになってから最初の業務は中間処理、
拒絶理由通知への対応がほとんどでした。
同じ業界、違う業界、たくさんの類似技術の引例を出され、
毎度毎度困らされていました。(今でもですが)

そんな時に書店で評価の高かったこの本を手に取りました。
著者は審査官の経験を持った弁理士です。

審査官が明細書や意見書・補正書を見ながら何を考えているのか、
それを説明しながらより良い明細書・意見書・補正書の書き方を教えてくれます。

もちろん特許の審査手順のルールについても説明があります。

請求の範囲と実施例に書かれている違い、引例に対する考え方、
意見書で述べるべきこと、述べても意味が無いこと、などなど。

ルールについては知財業務を専門とする人間であれば言葉では理解しているでしょう。
しかし、感情的になってしまうとそのルールを逸脱してしまうものです。
例えば、

実施例にしか書いてないことを権利範囲に含めようとする
引例に必要以上に反論する(新しさを1つだけ主張できれば良いのに)

こういった事で取れる権利を無にしてしまうのは非常にもったいない。
自分が任された発明に気持ちを込めるのは分かります。
しかし、適正な範囲での権利取得を任されたプロとしては
感情を抑え、審査を通すことに集中した対応が求められるのです。
自己満足の文章ではなく、特許査定を出す文章を書くのがプロ。

この事を教えてもらった1冊です。

新・拒絶理由通知との対話 稲葉 慶和


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/30-5014f588
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。