上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

勉強会を開催したからなのか、就職活動の時期だからなのかは分かりませんが
知財の仕事に興味がある学生さんからの問い合わせが増えてます。

その中で多いのが

>知財の仕事をする前に研究開発の経験をした方がいいんですか?

という質問です。要するに新卒・知財はどうなのか、と。

この質問を受けた時はこう回答するようにしています。

「新卒知財部はお勧めしません。他の部署の経験した方が良いです。」

で、この後にこう続けます。
「他の部署を経験するつもりがあるなら研究開発よりむしろ営業をお勧めします。」

この発言は自分が伝えたいことを分かりやすくするための極端な例ですが
ほとんどの学生は最初はびっくりするものの話を聞いたら納得してくれます。
(納得しない学生には特許事務所をお勧めするようにしています。)


企業の知財部にいるのであれば「技術に詳しい」ことよりも

・自社のビジネスモデルに詳しい
・競合製品とどうやって差を付けているかに詳しい

ことの方がよっぽど大事だと思ってます。

要するに

技術力で差が付いていると思いきやブランド名が大事だったとか、
新技術で差が付いていると思いきや昔の製品との互換性が大事だったとか、
製品力で差が付いていると思いきや販売後のサポートが大事だったとか、

研究開発という社内にこもりがちなポジションでは
「競合製品ではなく自社製品が選ばれている理由が分からない」場合がよくあります。

知財部としては「新しいから権利化」ではなく「利益を産むから権利化」なので
まず何よりも

「競合と差を付けられる(=自社が選ばれる)ポイントに敏感」

であることが求められます。
その後に、自社が選ばれるポイントを知的財産権という形で守れるかどうか、という話に続き、
そこでようやく「先行技術の調査」とか「クレーム範囲の検討」とかに入る流れになります。

ここまで読んでもらえればお分かりのとおり、研究開発よりも営業をお勧めしているのは
「競合と差を付けるポイントに敏感になってもらいたいため」です。

まあ、実際は営業から知財部へのキャリアパスは稀だと思うので
「競合と差を付けるポイント」さえ意識していれば
営業ではなく研究開発経由でも新卒知財でもいいかな、と勝手に思ったりしてます。


新卒で知財の仕事をしようと思ってる皆様、この記事が参考になれば嬉しいですし、
疑問が湧いたならコメントなりメールフォームなりで質問してくれても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:4 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/304-d6654e16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。