上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

今関わっているプロジェクトが精度が求められる作業の割に
紙ベースの運用になっていて非常に効率が悪くなっています。

で、システムを作ってIT化したい、と声が上がってるのですが
システム作るためには当然のごとくお金がかかります。

その結果、やっぱ難しいですかねーという雰囲気になりかけたので
軌道修正を狙ってチームの皆にこんなことを言いました。
「お金使わずに効率化して見せないと、お金出してもらうのは難しいよね」

ちょっと想像して欲しいのですが

お金無いから何も出来ない、とグチを言ってるだけの人と、
お金無いけど何とかしよう、といろいろ考えて動いてる人と、

貴重な予算を投資するならどっちの人にしますか?という話です。

極端な言い方をすれば、
お金無くても何とかなるかも、となった頃に
お金出してもいいよ、と声をかけてもらえるイメージだと思います。
それくらいの方がお金をうまく使える気がします。


そしてもう1つ、これは銀行の融資関係者の方に聞いた話なのですが

中小企業が融資を受けやすくするポイントは

事業の「計画」に加えて、その計画が成功する「証拠」を見せることだそうです。
証拠の見せ方は、まあそれこそいくらでもやりようはあるのですが

・試作品を1個だけ作って見せて回って、感想を聞いたアンケートを集める
・販売が始まったら買います、と言ってくれた人のリストを作る

要するに、

「資金さえあれば成功する」ということを「お金が掛からない範囲で実証する」ことです。


銀行に融資を頼むことと、上司に予算を付けてもらうことは、基本的に一緒な気がするので
この発想は皆さんが所属する組織の中でも使えるんじゃないかと思います。
(いろんなところで学んだ知識が有機的につながっていく感じが嬉しいです。)

まあ、何かのお役に立てば幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/307-b2e73ae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。