上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

知的財産の業務をするに当たって、弁理士の補佐役として
資料の作成・管理、翻訳、スケジュールの管理などを行う仕事です。

弁理士と違って他者から報酬をもらって知財業務をすることは出来ませんが
特許事務所、企業内知財部の中で弁理士と協力しながら知財業務を行うので
それ相応の知的財産や契約に関する法律知識が必要になります。
大手の特許事務所は弁理士の数もさることながら
このパラリーガルの層の厚さ(量も質も)も1つのポイントのようです。
パラリーガルがしっかりしているほど、弁理士がより高度な業務に集中できるからです。

国が推し進めている知財専門人材の倍増計画は、弁理士という有資格者だけでなく
パラリーガルなど脇を固める人材の増強も大きなポイントとしています。

実はうちの知財担当の先輩は弁理士の資格を持っていません。
それでも特許事務所・特許庁と対等にやり取りが出来ています。
そういう点で言うと、弁理士という「資格」を持っていることよりも
「実務経験」がモノを言うのが知的財産の業界かな、と思ってます。

かくいう自分も弁理士の資格どころか知財の法律知識すらほぼ無いのに
社内の知財業務をバリバリ進めています。
自分の武器は「開発者だったので社内の技術に詳しいこと」です。
知財に関する専門知識などは外部の知財サポートコンサルが助けてくれるので
今のところ何も問題はありません。(もちろん同時進行で知財の勉強をしてますが)
技術的な知識だったり、契約だったり、語学だったり、
1つでも武器があると思うなら知財の世界に踏み込んで見てください。
貢献できることはいくらでもあるはずですから。


パラリーガルという言葉、本来は弁護士の補佐役を指す言葉ですが
弁理士という弁護士と同じく法を扱う者を補佐するということで
弁理士業界でも使われ始めたようです。(弁護士補佐と区別するために
先頭にIP(Intellectual Property)をつけてIPパラリーガルと呼ぶこともあります。)

弁護士事務所に応募しないようにご注意を。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/31-009ea354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。