上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許を出願する前の先行技術調査(発明要件を満たしているか)
製品発売前に他者の特許に抵触していないか確認(権利侵害していないか)

など、特許にまつわる調査を専門で行う人です。

インターネット、特に検索サイトが充実してきてから
「調査の能力」というのはそれだけで価値のあるスキルになってきましたが、
その中から一歩抜け出すポイントはこんなのかな、と考えてます。
■調査した情報を加工できる人

調査自体の精度が高いのを前提として

・調査結果の膨大な情報から重要なものをピックアップする
・業界内の競合企業ごとに所有権利をまとめる
・業界の技術分野の発展の推移をまとめる

調査による情報の羅列から一歩進んだ(かつ独自性のある)成果を
出すことが出来れば、おもしろい調査員になれると思います。
(オリジナリティのあるパテントマップが描ける人、と言ってよいかも)


■特定の業界に特化した人

調査時に良く名前が出てくる企業名、個人名、
その技術分野の検索時に用いるキーワード(業界用語、類義語などの整理)など、
その業界での調査に関わるノウハウが貯まってくると
非常に効率的&効果的に調査を行うことが出来ます。
そうなるとその業界の調査依頼がどんどん来るようになり、
どんどんノウハウが貯まり、という好循環になっていくと思います。

ちなみにうちの会社も産業用機械に特化した調査員を外部リソースで抱えてます。
自社の製品分野を中心に+隣接分野の情報ももらえたり、とかなり助かってます。

広すぎず、狭すぎず、といった範囲設定が出来るかがポイントです。


調査でも編集でも情報を取り扱うのが好きな人、

上記のようなポイントを押さえて
一目置かれる調査員になってみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/32-c0a94392
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。