上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

中小企業振興公社主催のシンポジウムに行ってきました。

中小企業知的財産シンポジウム

「海外出願の費用を負担します」
「利用件数は年々増えてます」
「利用してる企業は社員10名以下の会社がほとんどです」
「だから皆さん、この制度をどんどん利用してください」

大企業が出願件数のノルマを設けて役に立たない出願を煽るようなことを
国全体でやってるような違和感でした。そういうこと聞きたいんじゃないんだよ、と。
話して欲しいのは

「知財支援制度を利用した中小企業の業績がどうなったのか」
「業績が良くなった企業と変化の無かった企業の違いはOOである」
「だから、OOを狙った出願に関しては積極的に支援したい」

こういう事を話して欲しいわけです。
OOの部分に「中国」とかバックリした話されても意味が無い。

大企業の知財OBがアドバイザーです、と強調してましたが
はっきり言ってその情報もどうでもいい。

「大企業での過去何十年の経験の蓄積」よりも
「複数の中小企業の直近数年の事例の蓄積」の方が
今の中小企業さんにはよっぽど価値があるはずです。

支援制度と称してお金をばら撒いた後で

効果の測定すらしていないのか、
測定したけど分析していないのか、
分析したけどコンサルに使えてないのか、

その辺はよく分かりませんが、
せっかく税金をばら撒くのであれば国力強化につなげて欲しいと思います。

あー、なんか批判ばかりになってしまった。

p.s.

基調講演の東大の先生の話は具体的でおもしろかったです。
「上流の企業は良いもの作れば儲かる、下流の企業はビジネスモデルで儲ける」
「自社の製品が出荷されてから最終顧客まで届くまでを追いかけてみると
 それぞれの過程でいろんなビジネスのアイデアが見つかる」とかとか。
(このブログには曖昧にしか書かないけど)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/335-1704ca18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。