上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

知財部に入って初の月末を迎えたので、新人知財担当の自分は
7月の請求書処理(特許事務所への報酬など)をしてました。

最初は単純な事務作業だな、と思いながら進めていったのですが
いろんな請求書を見るたびにこんなことを考えるようになりました。

それは 1つ1つの業務に報酬が生まれている ということ。
他社の場合は分かりませんが、うちの会社と付き合っている特許事務所の間では
1件1件の処理に請求書が発行されます。

具体的には

OO弁理士 特願2003… 成功謝礼   XX万円 
OO弁理士 特願2003… 拒絶通知対応 XX万円

という具合です。
これをOO弁理士が見れば、自分が時間と頭をどれくらい使った業務で
他者からどれだけの報酬をもらえたか、が一目で分かります。
(まあ内容によってシステマチックに決まる固定報酬と思われるので
 いかに効率よくさばいて時給を上げるかの世界と思いますが)

自分も開発者として入社以来関わった新製品については
売値も原価も年間販売台数も大体は把握していて
自分の作った製品が会社にどれだけの売上・利益を上げているかは
出来る限りは把握するようにしていますが
自分の貢献度というのを数値化するのはなかなか難しいものです。

仕事の結果がダイレクトに報酬金額で出てくる
特許事務所の弁理士という仕事は自分には魅力的に感じました。


請求書処理しながら考えてたのはこんなことでした。
処理が終わって最後に上司に承認をもらいにいった時に
こんな会話をしました。

自:今月は全部でウン百万円くらいですね。(ブログで詳しくは言えません)
上:毎月こんなもんだね
自:結構かかるもんですね
上:ウン億円の事業を止めたり止められたりの世界だからねー

軽いノリの会話でしたが、心引き締まる思いでした。


請求書の処理をするだけでも学べることはたくさんあるものですね

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/36-d2f5edbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。