上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

新しいアイデアを世の中に公表することで人々の生活を豊かにすること。
その見返りにそのアイデアを使用する権利
(=そのアイデアによって得られる利益)を一定期間独占することが出来る。

これが知的財産権の基本的な考え方なのですが
ポイントは「新しいアイデアを使用する権利の独占」というところ、
そして実は独占の仕方には2種類あります。

ということで、今日は2つの独占方式について説明します。
2つの独占、コトバで言うと「絶対的独占権」と「相対的独占権」になります。
本によっては絶対的保護、相対的保護などと書かれていることもありますが
ポイントは「絶対」と「相対」です。

この2つの違い、端的に言うとAがBの権利を侵害した時に
「Aが意図的にBの権利を侵害したかどうかを気にするか」です。

絶対的独占権であれば意図的に権利を侵害した場合も
権利があることを知らずに侵害した場合でもAを排除することが出来ます。
逆に相対的独占権では意図的に権利を侵害された場合しかAを排除する事が出来ません。

特許権や商標は絶対的独占権を持ちます。
相対的独占権の代表的なものは著作権です。

特許権や商標は特許庁に出願して認められなければ権利にならないのに対し、
著作権は「作者が作品を作る」だけで権利が発生するので公の審査が入りません。
なので、仮に著作権が絶対的独占権を認めてしまうと
世の中に自分が考えた作品を発表する、という行為が一種のリスクになってしまい
知的財産権のそもそもの目的と反する結果となってしまいます。

そのため、著作権では明らかに意図的に内容を真似した、といったことが無い限り
権利侵害で作品差し止めといったことにはなりません。
(とはいえ、ここ数年でもいくつかそういった話題にはなりましたが)

特許権は、例えば自社の製品が知らないうちに他社の特許を侵害していただけで
損害賠償といった話になってきます。なので、新製品の開発初期などには
必ず該当分野の特許調査をするのが基本です。


最後にもう一度簡単な言葉で言い直します。

類似商品あるの知りませんでした、で済むのが相対的独占権
類似商品あるの知りませんでした、で済まないのが絶対的独占権

絶対的独占権を侵害した場合には調べていない自分が悪い
相対的独占権を侵害した場合にはマネしていないことを証明できれば大丈夫

こんな感じで理解していただければ幸いです。
それでは次回お楽しみに

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/4-a1da0a87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。