上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

知的財産に関わる仕事をしている職場というと

1.企業の知的財産部(法務とセットであることも多い)
2.特許事務所
3.TLO

今自分が思っているのが上の3つかなと思ってます。
(もちろんフリーでコンサルタントをするような人もいますが
 今回のシリーズは職場という観点で話をしたいと思います)

その中から今回は「企業の知財部」で働くということを考えてみます。
企業の知財部で働いている自分が思うに、一番の魅力は

知財を取り巻く仕事を全て見渡す事が出来る

というところだと思ってます。
知的財産は基本的にはビジネスとの関係が不可欠です。

お客様のニーズと世の中の技術動向を考えながら自社の開発の方向性を考える、
進みたい方向性に対して競合の権利を侵害していないか探る(しない方法を考える)、
競合が参入できないような(少なくとも自社が入る余地が残る)権利内容の選定、

こういった戦略策定から

必要な権利を取得するために開発者と一緒に特許出願の下準備、
権利取得を達成するための特許調査、中間処理

知財の専門業務と言える特許実務(専門業務な分、外注もしやすいですが)、

取得した権利をもとにして販売戦略の策定、
権利侵害している競合に対する

といった権利の行使。さらには

この一連の流れで得た情報を開発・営業・生産などの関連部署へ
フィードバックすることで権利とは関係なく彼らのアウトプットの質を上げる

ということも可能です。
知財部だからって権利の取得と行使に自分の業務を限定する必要はありません。
(逆に言うとこういった業務に力を入れている知財部を持つ会社は強いと思います)

知財部の仕事は自己完結する業務はほぼなく関係者がたくさん出てきます。
彼らと良い関係を築きながら一緒に結果を出して行く、というのも魅力です。

自分の最近の業務をあげるとこんな感じです。

・技術者と一緒に開発中の新機能の発明提案書の内容を検討
・技術者&営業と一緒に開発予定の新機能が他社の権利を侵害しない方法を検討
・営業部と海外の展示会に向けて出願内容と展示内容の擦り合わせ
・特許事務所と一緒に中間処理対応

今は期限が差し迫った専門業務の対応が多くなっています。
(徐々に関係部署のアウトプット底上げにつながる動きを増やす予定ですが)

そして知財業務で関わった仕事の結果(喜び)を共有することが出来ます。
これは他者の権利取得の手伝いをメイン業務とする特許事務所では得られないはず。
自分の業務が会社にどう貢献したか、これをどれだけ感じながら仕事できるかが
ビジネスマンとしての成長のスピードに大きく関係ある、と自分は考えてるので
ここは職場選びの判断基準の重要ポイントだと思ってます。

関わる仕事内容と人間関係の幅広さ、
それによって得られる知財とビジネスの幅広い経験と知識、
さらには自分が関わった仕事がビジネスに生かされている実感

これが企業の知財部で働く魅力かと思います。

※ 関連ページ

知財の職場(1) 企業の知財部 ~知財のトータルプロデュース~
知財の職場(2) 特許事務所 ~特許の職人集団~
知財の職場(3) TLO ~大学とビジネス社会の橋渡し~
知財の職場(4) OTLとかOTMとか ~アメリカ版TLO~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/46-5345298c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。