上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

[特許事務所] ブログ村キーワード

知財の職場第2回は特許事務所です。弁理士を取った人のメインの職場になるかと思います。
(特許事務所で働いたことのない自分の想像で書きますので勘違いなどご容赦ください)

発明者に代わって特許明細書を書く、
権利所有者に代わって権利行使の対策を打つ、

特許権を取るところから使うところまで、各プロセスを請け負うプロ集団です。
知財の人間として特許事務所で働く一番の面白さは
前にひとりごとコーナーでも書きましたが各プロセスの業務に報酬が発生するところです。
(明細書作成 OO万円、中間処理対応費 OO万円、特許査定成功報酬 OO万円)
さらにはクライアントからさまざまな仕事を請け負うことで数をこなし、
明細書作成だったり、中間処理だったりの専門性を高めることが出来ます。
ある特定分野の技術を磨き、それで報酬を得る、シンプルに自分の力を計れる環境です。
特許の思想(言葉のやり取り)に没頭したいならこんな恵まれた職場も無いと思います。

逆に、企業の知財部に比べて物足りないなぁと思うのは
自分が関わった特許がどのように使われているか分かりにくいところ、と
クライアントからの依頼がないと仕事が発生しない受け身の業態な気もします。
企業の知財部だったら、経営と絡むような戦略的な動きが自発的に出来ます。

・どんな特許を取ろう、何のために特許を使おう、    WHATを考える企業のチザイ部
・どうやって特許を取ろう、どうやって特許権行使しよう、 HOWを考える特許事務所

この役割の違いが、自主的、受身の立場の違いにつながってるんでしょう。


自分から企業の知財部に提案できる攻めの業務があればもっとおもしろそうですね

※ 関連ページ

知財の職場(1) 企業の知財部 ~知財のトータルプロデュース~
知財の職場(2) 特許事務所 ~特許の職人集団~
知財の職場(3) TLO ~大学とビジネス社会の橋渡し~
知財の職場(4) OTLとかOTMとか ~アメリカ版TLO~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/53-e4d383f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。