上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許出願をするためには大量の書類を作成しなければいけません。
クレーム(特許請求の範囲)、明細書、図面など
日本に限らずどこの国に出願する場合でもたくさんの資料が必要です。

この書類作成がネックになって特許出願の日程が遅れて
他社に先手を取られる、展示会や学会での発表に間に合わない…

こんな状況はぜひ避けたいところです。
そんなときに検討したいのが「仮出願制度」。
仮出願制度の解説(米国特許実務ノート)

全ての書類が揃っていなくても「仮に」出願が行える、という制度。
極端な話、大学の論文で出願することが可能です。
1年以内に書類を揃えて「正式に」出願を行わなければいけませんが、
出願日は仮出願の日に確保することが出来ます。

この仮出願で特にありがたいのが、
仮出願の時点でクレームの内容を決める必要がないこと。
1年以内の正式な出願時にクレームを決めれば良いのです。
クレームの検討にしっかりと時間をかけることが出来ます。

先発明主義と似た、発明者重視の考え方だなあと思います。



ちなみに日本特許庁も仮出願制度の導入を検討しているようです。
だからこの記事を書いたんですけど

特許庁、仮出願制度を検討(日刊工業新聞)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/55-6580cd67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。