上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許とは「発明」を保護するもので、
発明とは「自然法則を利用した、技術的思想の創作のうち高度のもの」。

ここまではOKですね。
キーワードに分けると以下4つになります。
1.自然法則の利用
2.技術的思想
3.創作
4.高度

前回は自然法則の利用の解説をしたので
今回は「技術的思想」について話をします。
独占権の項で少し触れましたが、産業財産権の基本はこんな感じです。

新しいアイデアを公表することで産業の発達を促す
その見返りにそのアイデアの一定期間の独占権を与える

特許を受ける出願者としては「一定期間の独占権」が大事でしょうが
この制度全体を考えると「産業の発達を促す」というところが一番のポイントです。

そこから逆に考えると、公表される発明は以下のものである必要があります。

■実現可能である
■再現可能である

実現可能性は簡単な話で不可能なアイデアを公表されても何の役にも立たないので
産業の発達にはつながりません。よって却下ということです。

再現可能性が少し注意が必要で、シンプルに言うと
「その特許公報を読めば誰でも同じ事が出来る」という意味です。
(手先の器用さだったり特別な設備だったり理由は様々ですが)
特定の個人や企業にしか出来ないものは公表しても意味がない、ということです。

とはいえ「誰でも」というのはさすがに語弊があるので、特許の世界では
「その発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者」
(特許の世界では「当業者」と言います)としています。
※「当業者」という考え方はこの後も良く出てきますので覚えておいてください。

この「実現可能性」「再現可能性」を併せ持ったものが「技術的思想」であり、
発明の要件を満たす必要条件になります。

では、今回はこんなところで失礼

※ 関連ページ

特許権とは(1) 発明の要件 ~自然法則の利用~
特許権とは(2) 発明の要件 ~技術的思想~
特許権とは(3) 発明の要件 ~創作性と高度性~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/7-a90c7943
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。