上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

今まで何度も特許権は使ってナンボだという話をしてきました。
権利侵害している競合を警察が見つけてくれるわけではなく、
自分たちで権利行使できる相手を見つけてこなければいけません。
そのためには競合の製品や技術の情報を集めるというのも大事ですが、
それ以前に「そもそも権利侵害とは何ぞや」というルールを理解する必要があります。

というわけで、これから数回にわたって
権利侵害の判断基準について話をしていこうかと思います。

第1回は権利侵害判断の基本「オールエレメントルール」です。
オールエレメントルール、内容を簡単に書くと

・特許請求の範囲の内容を構成要素にわけて
・その構成要素を全て満たす(等しい、含む)モノは特許権侵害

ということです。逆に言うとこれだけです。

ここに「木で出来た丸い鉛筆」という請求の範囲の特許があるとします。
これを構成要素に分解すると

1.木で出来た
2.丸い
3.鉛筆

となります。

A社は木で出来た丸い鉛筆を作りました。

  特許       製品
1 木で出来た =  木で出来た
2 丸い    =  丸い
3 鉛筆    =  鉛筆

特許の構成要素全てと等しい、文句なしの特許侵害です。

B社は「木で出来た四角い鉛筆」を作りました。
四角は丸ではありません。よって

  特許       製品
1 木で出来た =  木で出来た
2 丸い    ≠  四角い
3 鉛筆    =  鉛筆

B社の製品は特許の構成要素2を満たさないので「非侵害」です。

C社は「桜で出来た丸い鉛筆」を作りました。
桜も木であることには間違いないですから

  特許       製品
1 木で出来た >  桜で出来た
2 丸い    =  丸い
3 鉛筆    =  鉛筆

C社の製品は特許の全ての構成要素を満たすので「権利侵害」です。

D社は「木で出来た丸い鉛筆(消しゴム付き)」を作りました。

  特許       製品
1 木で出来た =  木で出来た
2 丸い    =  丸い
3 鉛筆    =  鉛筆
        +  消しゴム付き

さあ、このD社製品は権利侵害となるでしょうか?

というところで次回に続きます。

※ 関連ページ

権利侵害の判断(1) ~オールエレメントルール~
権利侵害の判断(2) ~特許と製品、どちらが主役?~
権利侵害の判断(3) ~権利侵害とクロスライセンス~
権利侵害の判断(4) ~直接侵害と間接侵害~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/74-1bbb4df3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。