上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許権侵害の判断基準「オールエレメントルール」のおさらいですが

・特許請求の範囲の内容を構成要素にわけて
・その構成要素を全て満たす(等しい、含む)モノは特許権侵害

この2つを満たしている場合に特許権侵害となります。
で、前回の宿題としては

「木で出来た丸い鉛筆」を請求の範囲とした特許権に対して
D社の製品「木で出来た丸い鉛筆(消しゴム付き)」は権利侵害になるでしょうか?

というものでした。
  特許       製品
1 木で出来た =  木で出来た
2 丸い    =  丸い
3 鉛筆    =  鉛筆
        +  消しゴム付き

答えから言うと「権利侵害」です。最初に書いたルールを満たしてますから。

しかし、この問題「非侵害」と思った人もいると思います。
その人達の反論はほぼ間違いなくこうです。

え、だって特許には消しゴムが含まれていないじゃないですか

この反論をする人はオールエレメントルールの定義を読み違えてます。

「請求範囲の全ての要素を含んだ物を権利侵害とする」のであって
「製品の各要素が全て特許の請求範囲に含まれているかどうか」は
権利侵害しているかどうかの判断にはまったく関係がありません。

知財の世界は法律の世界です。言葉の意味を決して取り違えてはいけません。

特許から製品を見るのであって、
製品から特許を見るのではありません。

いざ実務でもっと複雑な状況で権利侵害で訴えられたりした日には
どうしてもカッとなって製品から特許を見た反論をしてしまいがちです。

木で出来た丸い鉛筆までは同じだが、消しゴム付きですから

なんて言ってしまった日には、権利侵害の反論どころか自供になってしまいます。

いまは鉛筆のシンプルな例だから大丈夫ですが
実務で複雑なシチュエーションになった時にはなかなか難しいものです。
そういう時ほど基本に戻って定義から、を心がけてください。

権利侵害シリーズ、もうちょっと続けてみます。

※ 関連ページ

権利侵害の判断(1) ~オールエレメントルール~
権利侵害の判断(2) ~特許と製品、どちらが主役?~
権利侵害の判断(3) ~権利侵害とクロスライセンス~
権利侵害の判断(4) ~直接侵害と間接侵害~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/75-e1d2bef9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。