上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

前回までオールエレメントルールを軸にして
権利侵害の判断方法の話をしてきました。

今回はその応用編として「直接侵害」と「間接侵害」という
2つの権利侵害の形について話をしようと思います。
まず、おさらいとしてオールエレメントルールは

・特許請求の範囲の内容を構成要素にわけて
・その構成要素を全て満たす(等しい、含む)モノは特許権侵害

というものでした。
この判断基準を完全に満たしたものを「直接侵害」といいます。

「木で出来た丸い鉛筆(消しゴム付き)」という特許があるとして
A社が「木で出来た丸い鉛筆(消しゴム付き)」という製品を
製造・販売していたら直接侵害していることになります。

ここまでは前回まで説明したとおりです。
それに対して「間接侵害」は

・直接侵害をしている製品の構成要素の一部であり、
・その構成要素は直接侵害している製品にしか使用されない

この場合、この構成要素によって権利侵害が発生することが明確なので
この構成要素を製造販売している者も権利侵害の手助けをしている扱いにするわけです。

B社が鉛筆に取り付ける消しゴムの製造をしておりA社にしか販売していないとき、
A社の直接侵害の手助けをしているとしてB社は間接侵害となるわけです。

B社の部品提供でA社が権利侵害することになるのでB社も権利侵害

これが直接侵害と間接侵害の基本です。
この考え方を広げて間接侵害のもう1つの形があります。

・直接侵害をしている製品の構成要素の一部であり、
・その製品が権利侵害していることを知っている

この場合も権利侵害の補助をしたとして間接侵害となります。

B社が鉛筆につける消しゴムをA社だけでなくC社にも販売していたとして
C社は権利侵害してない(例えば四角い鉛筆)場合は
最初のルールでは間接侵害にはなりません。
しかし、A社が権利侵害していると知りながらA社にも消しゴムを販売した場合は
2番目のルールによって間接侵害とされてしまうのです。

前者の例を「客観的間接侵害」、後者の例を「主観的間接侵害」と呼んだりします。


権利侵害シリーズ、このまま「文言侵害」「均等侵害」の話に進みたいのですが
まだ勉強不足なのでここで一休みとします。

しばらくは他の話題でお楽しみを…

※ 関連ページ

権利侵害の判断(1) ~オールエレメントルール~
権利侵害の判断(2) ~特許と製品、どちらが主役?~
権利侵害の判断(3) ~権利侵害とクロスライセンス~
権利侵害の判断(4) ~直接侵害と間接侵害~


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/79-c97c115a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。