上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

競合会社名や特定技術分野を検索キーワードにして
定期的に特許調査を行って情報収集することをSDIと言います。
同じポイントで定期的にチェックする定点観測みたいなものです。

例えば毎月1回「ガラス」というキーワードで検索をかけることで
ガラス業界・技術の動向がチェックできるというわけです。
ガラスを大量に使用する自動車メーカーなどがこういう定点観測をすることで
頑丈なガラスや軽量なガラスなど、最新の部品情報を得られるメリットがあります。
(公報ベースの調査なので出願から18ヶ月のタイムラグがありますが
 一般的にはそれくらいの期間でちょうど市場に出回るくらいなので
 情報が遅いということはそんなに無いようです)

自社が含まれる業界全体や特定競合他社の開発動向をチェックしたり、
自社製品に使っている要素デバイスの流行をチェックしたり、

検索キーワードによって目的は様々なんですが、調査結果を使って

研究開発部に情報提供して自社製品のブラッシュアップに役立ったり
他社の動向を調べて自社の経営方針の検討に使ってもらったり、

他部署のための縁の下の力持ち的な役割が出来る業務です。

自社技術の権利化や権利侵害の回避などが知財部の目立つ業務ではありますが
SDIのような業務に時間とお金を地道に積み重ねていくことが
企業として力を蓄えていくことにつながっていくんだと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/84-8bdd0469
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。